置き換えダイエットに青汁は実際どうなの?スムージーと比較してみた

MENU

置き換えダイエットに青汁は実際どうなの?スムージーと比較してみた

1日3食食べるうち、1食・2食をダイエット用の食品や飲み物に変えるダイエット「置き換えダイエット」が話題になっています。
置き換えダイエットをするときに大切なのが、いつも摂っている食事をどのようなものに置き換えるのかということですよね。

 

スムージーで置き換えダイエットをしたというタレントの優香さんの話から、スムージーが置き換えダイエットでは人気なようです。
優香さんはグリーンスムージーでダイエットに成功したそうですが、それなら青汁でも良いのではないかという疑問が沸いてきますよね。

 

置き換えダイエットに青汁は実際どうなのでしょうか。
スムージーと比較してみました。

 

 

食事に必要な栄養素が含まれているか

 

食事で摂るべき栄養素とは、緑黄色野菜に含まれるビタミンやミネラルです。
これらが含まれていなければ、バランスの悪い食事になってしまい、健康被害が出るかもしれません。

 

青汁には基本的にビタミンやミネラルがとても豊富に含まれています。
ミネラルにはたくさんの種類があるのですが、青汁に多く含まれているのは、鉄・亜鉛・カルシウムです。
これら三つの成分は体の基礎をつくるために必要なもので、人間の血肉になってくれています。

 

スムージーにも同じ成分が含まれています。
ただし、スムージーにはこれら緑黄色野菜の成分以外にもフルーツの成分が入っています。
スムージーは野菜とフルーツをミキサーやジューサーにかけて作られますから、純粋な野菜の栄養素ではありません。

 

もちろんフルーツにも似たような栄養素は含まれますが、栄養素をぎゅっと濃縮している青汁の方がその量はとても豊富です。
味に目をつぶればスムージーよりも高い効果を期待できそうですよね。

 

栄養素の種類に違いはありませんが、その量は青汁よりも多いということでした。

 

 

お腹を満たせるかどうか

 

置き換えダイエットで次に大切なことは、それでお腹を満たせるかどうかです。
置き換えた結果お腹がすいて間食をしてしまっては元も子もありませんからね。

 

青汁にもスムージーにも食物繊維が大量に含まれています。
食物繊維が豊富なことで知られるキャベツの約15倍もの食物繊維が、青汁には含まれているんです。
この食物繊維には腹持ちをよくさせる効果があります。

 

食物繊維は体内で消化されませんから、しばらく胃の中でとどまり続けるんですよ。
消化されない食物繊維を胃ががんばって消化しようとするので、しぶとく残るんです。
これが満腹感になってくれるので、青汁はそこそこお腹を満たすことができます。

 

スムージーにももちろん食物繊維が含まれていますが、キャベツやほうれん草などの野菜からとっているので、ケールや大麦若葉などからとっている青汁に比べるとその量は劣ります。

 

 

続けやすさ

 

栄養素の量は全体的に青汁が勝っていますが、続けやすさ(味)という観点で比べるとスムージーの方が続けやすいでしょう。
フルーツなどの甘みが加わり、かなり飲みやすくなっています。
青汁よりも栄養素が少ないかわりに飲みやすく、続けていてあまり苦にならないのがいいですよね。
ただ、作るのが面倒というのが1つのハードル。
その点を考えれば青汁の方が手軽さでは勝っています。

 

置き換えダイエットはある程度長期的に続けなければ意味がありません。
味で言えばスムージー。作る必要もなく手軽い意味では青汁。
自分はどちらが良いのか正確に合わせてみると良いですね。

 

 

組み合わせてみる

 

ただ、栄養素的には青汁が勝っているのでやはり青汁を使いたいところですよね。
そこで青汁とスムージーの要素を組み合わせてみましょう。

 

まず、普通に青汁をつくるときの分量で青汁の粉と水をミキサーに入れます。
そこにバナナを適当にちぎって入れてミキサーをまわしましょう。
そうすると青汁の濃縮された栄養素はそのままに、飲みやすくアレンジすることができます。

 

青汁とスムージーを比較して、青汁が置き換えダイエットに良いことはわかりましたが、どうしても飲みにくいという方はこうやって二つの要素を組み合わせてみるといいのではないでしょうか。