ファンケルの青汁はダイエットに良いのか?成分から考察してみた

MENU

ファンケルの青汁はダイエットに良いのか?成分から考察してみた

テレビCMや通販番組でおなじみのファンケルの青汁。
便秘改善効果や健康効果が得られることで知られていますが、ダイエットにも良いという口コミを各所で見かけます。

 

本当にファンケルの青汁はダイエットに良いのでしょうか?
ファンケルの青汁に含まれている成分から考察してみました。

 

 

ケール100%

 

ファンケルはケールのみを使用しているケール100%の青汁です。
ケールは野菜の王様とも呼ばれているくらいに高い栄養価を誇る野菜で、野菜不足をケールひとつで解決できるとも言われています。
ケールに含まれている成分がファンケル青汁の成分というわけですね。

 

ケールに特に豊富に含まれているのは、食物繊維・ビタミン・ミネラルです。
この三つの成分はダイエットに良い効果を発揮するのでしょうか。
これら三つの成分をそれぞれ説明していきます。

 

 

食物繊維

 

緑黄色野菜に豊富に含まれている食物繊維。
腸内環境を整えてくれるおなかの掃除屋さんとして知られ、便秘改善効果などがあります。
食物繊維は胃の消化活動によって消化・分解されません。
分解も消化もされていない食物繊維としての形を保ったまま、体に不要な成分を巻き取って便として出してくれるんですよ。

 

その際、消化をされないので長い間胃の中にとどまります。
胃が諦めずに食物繊維と戦い続けるので、胃の中でかさばるんですよ。
これが「かさ効果」と言われている効果で、満腹感を得ることができます。

 

ということは、食事の前にこの食物繊維をたくさん摂っておけば、食欲が減り、食べる量を自然に減らせるというわけです。
その結果、ダイエット効果が期待できますよ。

 

 

ビタミン

 

ファンケルの青汁に含まれているビタミンは、C・E・βカロテンです。
βカロテンはそれ自体がビタミンなのではありませんが、体の中でビタミンAに変化してくれます。
動脈硬化などの症状改善・予防に繋がる血液さらさら成分として知られていますね。

 

しかしその血液さらさらというのは結果にすぎません。
ビタミンCが新陳代謝を活発化させ、血流がよくなるわけです。
新陳代謝が活発化すると、体内の様々な内臓のはたらきが活発化します。
その結果としてお腹の脂肪燃焼作用も活発化し、脂肪が燃やされやすい体になっていくわけです。

 

ビタミンは体の基礎を整えて内側から体質を作っていく成分ですから、ダイエットをしやすい体づくりをするという意味でダイエットに良いんですね。

 

 

ミネラル

 

ケールには5種類のミネラルが含まれています。
その5種類とは亜鉛・カルシウム・鉄・銅・マグネシウムです。
その中で特にダイエット効果のあるとされているのは、カルシウムですね。
カルシウムにはビタミンと同じく代謝を活発化させて脂肪燃焼を促進する効果があります。
また、それだけではなく、脂肪の吸収を抑える効果もあり、ダイエットに良いとされているんですね。

 

カルシウムのイライラを抑制する効果も、ダイエットのストレスを減らして気持ちよくダイエットができるように手助けをしてくれますよ。

 

 

ファンケルの青汁はダイエットに良い

 

このような成分から考えた結果、ファンケルの青汁は本当にダイエットに良いようです。
ただし、個人差がありますから、必ずダイエットの成功を約束するものではないことをご留意ください。