ダイエットに効果的な青汁の種類。選び方まとめ

MENU

ダイエット青汁の選び方

ダイエットに青汁が良いと言われても、青汁の種類は豊富です。
ここでいう種類というのは、原料の種類。
ケールに明日葉や大麦若葉の三種類の中でも効果的なのはどれなのか。

 

ダイエットに効果的な青汁の種類とその選び方をまとめてみました。

 

 

飲みやすさで選ぶ

 

いくら栄養価が高かろうと、飲み続けられないものは意味がありません。
まずは飲み続けることができるのが第一条件です。

 

最初は効果や原料や配合率などを考えずに飲み続けやすそうなものを選びましょう。
飲んでいないのに飲み続けやすいかどうかを知るには、ネットで口コミを調べるのもオススメですよ。
会社や製品によっては無料お試しパックなどもあったりしますから、それを利用して味見をするのもいいですね。

 

お試しパックは効果を試すものではなく、味を試すものですから、どんどん利用して青汁選びに役立てましょう。

 

 

乳酸菌が入っているかどうか

 

ダイエットを目的としている青汁の選び方として、乳酸菌が入っているかどうかを見るというのも良いですよ。
乳酸菌はおなかに優しく便秘改善になるものとしてお馴染みですね。
乳酸菌の効果によって食べたものの中で余分なものを体の中に強制排出してくれるんです。

 

これがダイエット効果に繋がるんですね。
余分なものを出してくれるわけですから、太りにくくなります。
太る原因は食べたものの中で余分なものがあってもそれが出されずに残っていることですからね。

 

 

抗酸化成分が多いものを選ぶ

 

ダイエットには強い抗酸化作用を持った成分が多い青汁が効果的ですよ。
痩せない原因と太る原因には、血液の流れが悪く代謝が悪化しているというのがあります。

 

抗酸化作用というのは、血液の流れが悪くなる原因である「酸化」を抑えてくれるはたらきのこと。
酸化と言えば野菜や果物の色が変わって傷むことという認識の方が多いと思いますが、それが人間でも起こるんですよ。

 

血液の中のコレステロールが活性酸素という酸素のはたらきによって酸化し、血液の壁にどんどん張りつき、ダムを作るんです。
こうして血液の流れを妨げてしまうのですが、抗酸化作用を持つ成分が血液を流れることによって酸化が抑えられ、中和してダムが決壊し、血行が良くなるというわけなんですよ。

 

強い抗酸化作用を持った成分は、ビタミンAやビタミンB1・B2、カルコンなどが挙げられます。
これらの成分が多い青汁を選ぶと良いですよ。
カルコンに関しては含まれている青汁がそれほど多くないので注意してください。

 

 

結局どの種類がいいのか

 

ダイエットに効果的な種類は、以上の選び方から考えると明日葉の青汁に乳酸菌をプラスしたものでしょうか。
明日葉は青汁の原材料の中でも特に飲みやすいとされていて、渋みがあまりありません。
そしてカルコンは明日葉に含まれている成分で、他のビタミンなどもケールなどと負けないくらい多く含まれています。

 

このことから、ダイエットには明日葉の青汁が良いんですね。

関連ページ

青汁ダイエット始めよう!効果はいかほど?
1か月で痩せられる!?青汁ダイエットの秘密レシピを公開中!体重別にレシピも変えていますので、自分に適した青汁ダイエット方法が見つかります!
青汁でダイエット生活。ベストな飲む時間はいつ?
1か月で痩せられる!?青汁ダイエットの秘密レシピを公開中!体重別にレシピも変えていますので、自分に適した青汁ダイエット方法が見つかります!
大麦若葉の青汁はダイエットに効果的?
1か月で痩せられる!?青汁ダイエットの秘密レシピを公開中!体重別にレシピも変えていますので、自分に適した青汁ダイエット方法が見つかります!
ケールの青汁はダイエットに効果があるのか
1か月で痩せられる!?青汁ダイエットの秘密レシピを公開中!体重別にレシピも変えていますので、自分に適した青汁ダイエット方法が見つかります!