青汁でダイエット生活。ベストな飲む時間はいつ?

MENU

青汁でダイエット生活。ベストな飲む時間はいつ?

青汁ダイエットを始めようと思っている人の中で、青汁はいつ飲めばいいものか迷うという人も多いのではないでしょうか。
青汁というのは、飲む時間やタイミングが違うだけで青汁の効果の大小が変わってきます。
より大きな効果を得るためにはベストな時間に飲まなければいけません。

 

では、青汁でダイエットをするためにはどの時間に飲むのがベストなのでしょうか。
ベストな時間とその注意点についてご紹介します。

 

 

食事前に飲む

 

一番おすすめな時間が食事前です。
食事をする前のお腹がすいている状態のときに、食物繊維をたくさんとることによって、満腹中枢が刺激されます。
食物繊維は「かさ効果」という効果を持っています。
これはどういう効果なのかというと、体内で消化分解されないので胃の中のかさが増えるということです。
言ってしまえば「かさまし」ですね。

 

食事をする前に、事前に胃の中で食物繊維をかさばらせておくことによって、食事のカロリーを減らすことができるというわけです。
特に、高い満腹感を誇りながら太る一番の原因といわれているお米などの炭水化物を減らすことにも繋がるので、食事前に飲むのがおすすめというわけです。

 

 

食事前に飲む際の注意点

 

食事前に青汁を飲むときの注意点なのですが、あまり一気に飲みすぎないことです。
食事の前のお腹がすいている状態のときに冷たいものを飲むとおなかを下しやすいんですよ。
これは、胃がまだ働いていない状態のときにいきなり刺激の強いものを送られてびっくりしてしまうことが原因です。

 

さらに食物繊維は胃の中でかさばります。
冷たいものを一気に飲むということと、かさの大きいものがいきなり送られてきたという二つの意味で胃が驚き、おなかを下してしまいます。

 

「おはようございます」と職場に行ってみたら朝礼も無しに100枚綴りの資料が渡されたら、なんとなく気分が悪くなると共に仕事のモチベーションも下がりますよね。
それと同じようなものです。

 

青汁を食事前に飲むときは、腰に手をあててぐびっと飲むのではなく、ちびちびと飲むようにしましょう。
食前酒を飲むかのような感じでちびちびゆっくりと飲むとリスクなくダイエットに役立てることができますよ。

 

 

食前青汁で充実したダイエット生活を

 

食前に青汁を飲み、お茶碗に盛る白米の量を少しでも減らしてあげましょう。
それを毎日続けていけば、自然に痩せていくこと間違いなしです。
きっちりと飲む時間を決めて食べる時間も決めておけば、習慣にもなります。
その習慣づけというのがダイエットにおいて一番大切なことです。

 

さあ、食前青汁で充実したダイエット生活を送りましょう!

関連ページ

青汁ダイエット始めよう!効果はいかほど?
1か月で痩せられる!?青汁ダイエットの秘密レシピを公開中!体重別にレシピも変えていますので、自分に適した青汁ダイエット方法が見つかります!
大麦若葉の青汁はダイエットに効果的?
1か月で痩せられる!?青汁ダイエットの秘密レシピを公開中!体重別にレシピも変えていますので、自分に適した青汁ダイエット方法が見つかります!